よくあるトラブル事例 | 札幌で外壁塗装・屋根塗装なら あおば塗工舎 0120-970-929

外壁塗装について

よくあるトラブル事例

About exterior wall painting

塗装工事トラブル事例

塗装工事には、様々なトラブルが実際に発生しています。
実際に起きたトラブル事例を知ることで、今後、外壁塗装・屋根塗装をご検討される上での参考としていただければと思います。
以下にご紹介するトラブル事例は、実際に私が見聞きした事例です。

塗装工事トラブル事例

Cause

格安業者に依頼して失敗したAさん

Aさんは、新築で家を建ててから10年目にその家を建築したハウスメーカーから塗装を勧められたのをきっかけに、そのハウスメーカーを含めて5社から見積りを取りました。各社の見積り金額には大きなバラつきがあり、約90万円から約55万円までありました。
どの会社も自社の良い点を強調し、他社の悪口を言ったりする各社の説明を聞いているうちに、どの会社に決めたら良いのかわからなくなり、迷った末に一番安い見積りを提示した会社に決めました。
工事が始まると5~6人の職人さんが来て、外壁・屋根を4日間でアッという間に塗り終えました。工事が終わる日に集金をさせて欲しいと工事の初日に言われていたため、予め現金を用意しておき、足場を撤去している最中に集金にやってきた社長さんに全額支払いました。

その後、1年半が経過した秋頃に、小規模ながら壁のところどころに塗膜の剥離が出てきました。
早速業者に連絡したところ、見に行きますとの返事はあったものの全く見に来ることがないまま冬になりました。
補修するにしても時期が悪いのでしかたなく諦めて、雪解けが始まったころに再度催促の電話を業者にしました。
二冬を超えたその頃にはかなり広範囲に剥離が発生していました。
するとその社長の態度は豹変し、剥離の原因は建物にあるので塗装のせいではないという事を言い出しました。
Aさんは納得がいかず、とにかく確認に来るよう主張しましたが、最後はその社長が開き直って家に怒鳴り込んで来て、とても怖い思いをしました。

Cause

誠意のない指示をされた職人Bさん

この事例は、日頃から情報交換をしている同業の職人Bさんから直接聞いた事例です。
Bさんは、何社かのリフォーム業者やハウスメーカーの下請けをしている職人さんです。ある元請け業者から住宅の塗り替え工事の指示を受けた時のことです。
工事を着手する前に、その元請け業者の担当営業マンから受けた指示に不安を感じ、その仕事は受けずに断ったそうです。
その指示とは、お客様に対して以下のような口裏合わせを強要する内容でした。

  • 1

    使用している塗料は他では手に入らない特殊な塗料であるということにして欲しい。
    (実際には市販されている塗料であり、専門業者であれば誰でも手に入る塗料です)

  • 2

    塗料の缶は中身がわからないように、ラベルや製造メーカー名が書いてない物に移し替えて現場に持ち込んで欲しい。

  • 3

    お客様から質問された際は、塗料の耐久性は半永久的だと回答して欲しい。

Bさんは、お客様をごまかすような口裏合わせはできないとその仕事は断ったそうです。
きっとその営業マンは受注したい一心で、ややオーバートーク気味の営業をして受注したのだと思います。
営業の話法としてこれくらいなら許されるかな?と思いながら説明しているうちに段々と歯止めがきかなくなり、契約にこぎつけた時には嘘ばかりの説明をしてしまっていたという感じでしょう。
塗装業者には、自分で営業して工事を受注するよりも大手のリフォーム会社からもらえる下請け仕事だけで生計を立てている会社があります。
この事例のような口裏合わせに協力してでも仕事を欲しがる業者を下請け業者にして、オーバートークの営業で受注するリフォーム業者は少なからず存在しています。

Cause

高額な金額で工事を発注してしまったCさん

築15年目の住宅の外壁と屋根の塗り替え工事を行ったCさんは、外壁塗装の費用の相場を知らずに高額な金額で工事を発注してしまいました。
たまたまポストに入っていたチラシをみてその業者に工事の見積もりを依頼したところ、少し高いような気がしたものの、他にどこに頼んだらいいのかわからず、来てくれた営業マンがとても親切で好感がもてたという理由でその業者に工事を依頼しました。
しかし、その営業マンは工事発注後、工事中も含めて一度も来てくれませんでした。
工事が完了すると職人さんは忙しそうに次の現場へ移動してしまい、その後、会社から請求書が郵送で届いたので指定された口座に代金を振り込んだものの、ついに営業の人からもそしてその会社からも、お礼の電話すらありませんでした。
また、塗装工事を行なうと次回の塗装工事は約10年後になるのですが、色褪せや剥離がところどころに見られるようになったため、6年経過したところで再度塗装工事を強いられることとなりました。
塗装工事の代金は、通常の相場が80万円前後のところ、120万円もかかってしまったそうです。
このCさんの事例は、塗装工事を高額で訪問販売する会社があるとは知らずに、工事を発注してしまったという比較的多い事例です。