外壁塗装職人が暖房を点けていい日について

カテゴリ:外壁塗装職人のつぶやき 登録日:2020-10-10

こんにちは、外壁塗装職人の宮本です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

10月10日は1999年までは体育の日でした。

その体育の日は2000年から10月の第二月曜日に変更になり、2020年は「スポーツの日」と名称を変更し、さらに2020年に限っては東京オリンピックの当初の開会式予定日であった7月24日に変更されていましたね。

しかし、私にとっての10月10日とは「暖房を点けて良い日」です。

 

何においてもズボラな私ですがどんなに寒くても10月10日までは我慢。

そして、どんなに寒くても4月29日までしか暖房を使用してはいけないと決めています。

そうです、体育の日から天皇誕生日までが暖房を点けていい日なのです。

しかし、その4月29日もみどりの日、さらに現在は昭和の日に名称が変わりました。

今日は10月10日。今年は今のところ暖房を必要としない気温です。

それにしても2020年10月10日。なんと並びの良い日付なのでしょう。

 

さて、先日完成した塗装工事を画像でご紹介いたします。

 

今年7月にご相談をいただき、塗装工事のご用命をいただきました。

そして、外壁の色はご家族皆様で考えていただきました。

 

とても個性的な配色で私にはとても思いつかないアイディアです。

ご自分でシミュレーション画像まで作成して私に手渡していただいたのですが、細かいところまで本当に一所懸命にお考えになったのだなぁと感心いたしました。

私はそのシミュレーション画像を設計図にして忠実に塗らせていただきました。

 

施工前の屋根は色が飛んでしまって屋根下地が露になっていました。

 

それでも下地処理をしっかり行い、屋根用の2液形シリコン樹脂塗料で綺麗に仕上げることができました。

工事が完成し、お引渡しの時にはご家族皆様に本当に喜んでいただき職人冥利につきます。

施主様のご厚意により当ブログへの画像掲載を許可していただきました。

施主様におかれましては心より感謝申し上げます。ありがとうございました。