外壁塗装の大敵

カテゴリ:本日の工事 登録日:2019-06-15

こんにちは、宮本です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は札幌も江別も風が強かったです。

そして予報にはなかった朝からの雨で中止になった現場もありました。

 

こちらは札幌市厚別区の外壁屋根塗装工事現場。

本日シャッターとホームタンクの上塗りが終わり、これですべての工事が完了しました。

 

こちらは江別市の外壁屋根塗装工事現場。

本日は屋根の錆止め塗装と、、、

 

軒天井の塗装が完了しました。

その後雨が降り出しましたので作業を中止しました。

 

こちらも江別市の外壁屋根塗装工事現場です。

本日はビニール養生が終わった11時頃から雨が降り出し、作業を中止しました。

 

時折11mの強風に見舞われ、足場が大きく揺れるほどの影響を受けました。

強風対策として飛散防止のメッシュシートを一部開放して強風の影響を軽減する対策を行いました。

 

外壁塗装工事の大敵と言えば

1に雨。これはもうどうしようもありません。

是非、雨でも塗ることができる塗料を開発していただけないかと思う次第です。

2に気温。日中の最高温度が5℃に達しない日は塗料が硬化不良を起こします。

春先や11月頃の施工には注意が必要です。

3に風。これは意外にも影響が大きいです。

まず、風が強いとローラーで塗装中の霧状になった塗料が周囲に飛散して付着するなどの事故が発生します。また、足場が強風の影響を受け、足場部材が外壁や屋根に触れて破損するなどの事故が発生します。

最悪は足場が倒壊するなどの事故もニュースなったことがありますね。

 

このように天候に非常に左右される仕事なので天気予報や雨雲レーダーのチェックは1日に何度もします。

天気予報の更なる的中率アップを熱望します!

 

おわり

 

本当にたくさんの皆様に工事のご用命をいただき、心より感謝申し上げます。

必ずご満足いただけるよう施工いたします。