トップ > 塗装工事トラブル事例

塗装工事トラブル事例

とにかく安かったが失敗だった。

外壁と屋根を2年前に塗装したお客様から、補修工事のご依頼をいただきました。
なぜ2年前の塗装工事を補修しなければならなくなったのか?という事例をご紹介します。

安いし、早いと思っていたら…

そのお客様からは、塗装が剥がれる原因として、主にどのようなことが考えられるのか教えて欲しい。剥がれた塗装はどのように補修するのか。補修した箇所は補修の痕跡が残るのか。など、以前から当webサイトへ匿名のメールで何度かご質問をいただいておりました。
新築して10年目に、その家を建てたハウスメーカーから塗装を勧められたのをきっかけに、そのハウスメーカーを含めて5社から見積もりを取りました。各社の見積もりはびっくりするほどバラつきがあり、約90万円から約55万円まであったそうです。どの会社も自社の良い点を強調し、中には他社の悪口をまくしたてたりでよくわからなくなってしまい。結局一番安い見積もりを提示した会社に決めたそうです。
余談ですが、見積もりを数社からとるのは大切ですが、5社というのはちょっと多いです。迷ってしまって判断ミスをする恐れがあるからです。そのことは、お客様の今後のためを思い、ご指摘させていただきました。

工事が始まったところ、5〜6人の職人さんが来て、外壁・屋根を4日間であっという間に塗り終えたそうです。早いのはいいことですが、塗装作業には必要な乾燥工程があるので、人数がいても埋められない日数があるのです。例えば、コーキングを打ち替えたら1〜2日間は乾燥させるなどです。
工事期間についてはいろいろなケースがありますが、当店は通常は2〜3人で約1週間〜10日間をいただいて工事させていただきますので、かなり短期間であわてて工事したという印象です。
そして、集金も早かったようです。工事が終わる日に集金させて欲しいと工事初日に言われたので、足場を撤去して帰る時に全額支払ったそうです。あくまで推察ですが、工事原価を安くしようとしたことに加え、早くお金が欲しかったという業者の事情が見えてきます。

さて、1年半経過した秋ころから小規模ながら、壁のところどころに塗膜の剥離が出てきました。
早速、業者に連絡したとろ見に行きますとの返事ばかりでとうとう冬になりました。補修するにしても時期が悪いので、しかたなくあきらめて、雪解けが始まったころに早めにと思い再度その業者へ電話。二冬を越えたその頃には、かなり広範囲の剥離が発生していました。
すると、態度が豹変し、建物に原因があるので塗装のせいではないというような事を言われました。お客様はなお、食い下がりましたが、最後はその業者の社長が居直って家にどなりこんで来て、とても怖い思いをしたそうです。もう、その社長の顔を見るのもイヤになり、縁あって当店で補修させていただきました。
住まいを大切に思い、決して安くない費用をかけて塗装をしたにもかかわらず、このような被害にあってしまい、本当にお気の毒な事例です。このような業者が訴えられもせず、商売を続けていけるのが不思議でなりません。

このページの先頭へ

誠意のない指示に耳を疑った。

日頃から、情報交換をさせていただいている、同業の職人さんから聞いた事例をご紹介します。
この職人さんは、何社かのリフォーム業者や、ハウスメーカーの下請けをしています。

もしかして、ごまかされた?

ある元請け業者から、住宅の塗り替え工事の指示を受けた時のことです。工事を着手する前に、その元請け業者の営業マンから受けた指示に不安を感じ、その仕事は受けずに断ったそうです。
その指示とは、施主であるお客様に対して、下記のような口裏合わせをすることでした。

(1)使用している塗料は他では手に入らない特殊な塗料であるということにしてほしい。

(2)塗料の缶は事前にメーカーのラベルを剥がすか、ラベルの貼っていない缶に移し換えて、現場に持ち込んでほしい。

(3)塗料の耐久性は半永久的だということにして欲しい。

以前から取引きのある元請け業者でありましたが、このようなお客様をごまかすような口裏合わせの指示を受けたのは初めてだったそうです。おそらく、会社からの指示ではなく、担当の営業マンが勝手に指示したのだと思いますが、ごまかしてでも、受注しなければならない事情があったのでしょうか。だとしても、許されるものではありません。この職人さんはトラブルに巻き込まれるのを恐れ、工事をお断りしました。正しい判断ですね。たとえ、トラブルにならなくても、お客様にウソはつけないという気持ちだったと思います。その営業マンはその後、別の下請け業者に変えて工事をしたのでしょうか。私が思うには、そういうごまかしの指示であっても口裏を合わせる下請け業者を見つけて工事をさせたのではないかと思います。

このページの先頭へ

知らずに高額な見積もりで発注してしまった。

築15年目の住宅の外壁と屋根の塗り替え工事をさせていだいたお客様に、匿名を条件に、当webサイトでご紹介させていただく了承をいただきました。

本当に信用できる業者さんって?

当店が提出した見積書をご覧になったあと、6年前にポストにチラシを投函した業者に塗装をしてもらった金額と比べて極端に安いが、安い塗料で見積もったのか?と言われました。 お聞きすると6年前の塗装工事代金は約120万円だったそうです。
確かにやや大きめの住宅ですが、当店がお客様に提示した見積額はそれより40万円以上安いのです。塗料は外壁がセラミック成分配合の水性シリコン塗料、屋根は2液形シリコン樹脂塗料で見積もりましたので、安い塗料ではありません。
6年前の見積書を見せてくれたのですが、内容が不明瞭で、どんな塗料を使って施工したのか全くわかりませんでした。もし、高額な塗料を使ったとして、わずか6年で壁の塗膜がいたるところで剥離してしまうような状況であれば、高い塗料の意味ががありません。
どうしてたまたまポストに入っていたチラシをみてその業者に頼んでしまったのかお聞きしたところ、少し高いような気はしたものの、他にどこに頼んだらいいのかわからなかったということと、一番の理由は来てくれた営業の人がとても親切で好感がもてたからだそうです。しかし、その営業の人は工事発注後は工事中も含めてその後一度も来てくれません。
工事が完了すると、職人さんは忙しそうに次の現場へ移動してしまい、それと同時に請求書が郵送され、代金の振込先を指定されたので、振込みしたものの、お礼の電話すら掛かって来なかったそうです。
私は他社様の見積もりをあえて高いとか安いとかをお客様には言いません。すでに終わってしまった過去の注文が高かったとわかったら、お客様にとっていい気分はしないでしょう。
しかし、今回のように、お客様との会話の流れから判明してしまう場合があるのです。

この事例は、塗装工事を高額で訪問販売する会社へ発注してしまったという、比較的多い事例です。
この会社は営業マンが工事を受注すると、非常に安い金額で下請けの塗装店に工事を発注します。通常であればだれも引き受けないような安い金額ですが、経営が苦しい塗装店を探して下請け会社にして、シーズンを通じて切れ目なく工事を発注する約束をして引き受けさせるのです。そして、営業マンに高額な歩合を支払い、それでも多額の利益が確保できるような価格で営業に売らせるのです。
なかには、販売価格の上限を指導せず、営業が高く売れば売るほど高い歩合を支払う会社もあります。いわゆる、悪徳リフォーム業者ですね。下請けには工事の品質より、スピードと安さを要求し利益を最優先した経営体質と言えるでしょう。
一旦工事を受注すると、キャンセル防止のためすぐに足場を仮設し、細やかな点でお客様のご要望確認などせず、さっさと工事をして代金を請求します。

このような会社は少なくありません。「全国規模」または、「全道に拠点有り」など、つい信用したくなる規模で活動しています。 そして問題が表面化すると、一旦解散して姿を変え、また同様の会社を組織し、活動を始めます。
工事費が高くても、お客様が満足しているのであればまだいいのですが、高額な見積もりであるにもかかわらず、お客様が満足していない工事内容だというのは問題です。

このページの先頭へ