なぜ塗装が必要か

家の美観と塗料の耐用年数

大切な家の美観を持続させるために、外壁や屋根の塗装は必要です。

外壁や屋根用塗料の耐用年数は7年から10年で、新しく開発されている最新の塗料でも耐用年数は永久ではありません。そのため、住宅そのものの耐用年数の間に2回以上の塗り替え塗装工事が必要になります。

では美観を気にせず、塗料の耐用年数を無視して放置し続けた場合はどうなるでしょうか?

その場合でも外壁や屋根が溶けてしまうなど、ある日突然居住することが不可能になるような事態になることはほとんどありません。

訪問販売業者がよく使う脅しの話法で、「このままだと大変なことになる。すぐに塗装したほうがいい。」というような状態は塗装工事に関しては、無いと考えていいです。

強いて言えば、いつまでも綺麗な状態を保ちたいという観点から、いつかは塗装工事を行う予定なのであれば、塗膜の劣化が進んでしまうことで、処置が1年遅れたためにいくらか余計な費用がかかってしまうなどのことはあるかもしれません。

傷んだ箇所の補修を兼ねて

住宅の塗装工事はただ色を塗るだけではありません。むしろ色を塗る作業よりも、塗る前の作業の方に時間をかけます。

もっとも多いタイプの外壁材である窯業系のサイディイングであれば、表面の塗膜だけでなく、外壁材そのものが損傷している場合もあります。そういった場合は損傷個所を修復したり交換したり、加えて損傷した原因を突き止め、できるかぎりその原因を取り除くこともしています。そういう観点からも大切な家を守るために塗装工事が必要なのだと思います。

塗装工事の際に行う修復は外壁だけではありません。時に軒天井スレート板であったり、換気フードであったり、様々な営繕的修復作業をしております。

家への愛着

大切な家をお手入れすることで、さらに愛着が湧くのではないかと思います。

そして、愛着を持ち続けることで家はさらに長持ちします。

それは、お客様から教えていただきました。当店へご用命くださったあるお客様からの年賀状に書かれていたのです。家を大切にするお気持ちが、塗装工事をすることによってさらに強まるのであれば、施工業者としてはとてもうれしいことです。

塗装工事の必要性を「このままでは大変なことになる。」のような脅しの話法ではなくお客様が家を大切にしたいと思う気持ちの観点に立って考え、そのうえでのアドバイスを心がけるようにしています。

ご相談・見積りは無料です。